進路日誌

新潟大学オープンキャンパスに参加してきました。

8月8日(木)に、1、2年生の希望者約70名で、新潟大学のオープンキャンパスに参加しました。

大変暑い中でしたが、希望学部の模擬講義を受講したり、大学生の案内によるキャンパスツアーに参加したりして新潟大学の魅力を知ることができた有意義な一日となりました。

 参加者の声:①工学部で超電導の講義を受講。リニアの話など、これまでわからなかったことが詳しく聞けて

        面白かった。

       ②教育学部の講義を受講。専修別講義は教育心理学を選択し、興味を持った。

     

3学年が小論文講演会を実施しました。

6月28日(金)の7校時目に3学年を対象とした小論文講演会を実施しました。

講師に第一学習社、小論文主任講師の八巻博子様をお招きし、小論文を書くポイントと評価の方法や入試小論文の出題傾向、小論文の上達のためにも今後具体的にどのような学習法を行えばよいか教えていただきました。

生徒もメモを取るなどして、真剣に聞いていました。

     

合格体験を聞く会を実施しました。

6月22日(土)の午前中に3学年を対象に合格体験を聞く会を実施しました。

今年の3月に本校を卒業した卒業生7名を講師として迎え、合格体験記を聞くことができました。

各クラスで20分ほどでしたが、自らの学習方法や受験までどのように生活していたかなど詳しく話していただき、3学年も学習に臨む強い意識を持てたと思います。

お忙しい中ありがとうございました。

     

     

1学年が大学・学部を知る会を実施しました。

6月8日(土)に1学年全員を対象に『大学・学部を知る会』を実施しました。

本校を卒業した大学生6名を講師として迎え、大学で学んでいる内容や大学生活について詳しく教えていただきました。

短い時間ではありましたが、本校生徒も大学への興味・関心が高まり、進路意識の高揚が図れたと思います。

     

1学年が職業観育成講話を実施しました。

6月11日(火)の7校時目に1学年全員を対象とした職業観育成講話を実施しました。

地元企業でもある、株式会社アポロガスの会長 篠木雄司 様を講師としてお迎えし、「仕事の内容」「仕事のやりがい」「経験談」をうかがうことができました。

アポロガスでは『50日間150本の内定者&新入社員研修』を行っており、さらにはその研修を終えてから論文を提出するそうです。漠然とただなんとなくやってみるでけではなく、目的・目標を明確にし自分事として問題意識を持たせているそうです。

生徒たちもメモを取りながら真剣に聞いていました。

内容は載せないでくださいと言われてしまったので書けませんが、最後には「コップと水を使った『人生の生き方』の実験を行っていただきました。