新着

新着

「令和6年度体験入学」の開催について

令和6年度体験入学を以下の「別紙1」のとおり開催します。

つきましては、各中学校毎に「別紙2」の名簿を作成の上、指定の「送付先メールアドレス」までご提出ください。

なお、昨年同様、体験入学当日の保護者・中学校関係者の校舎内への立入を可能としますので、「別紙3」の駐車場案内を確認の上、ご来校ください。(近隣の商業施設やコンビニ等への無断駐車はご遠慮ください)

また、行事実施に関する変更点があった場合は、申込頂いた該当校に個別にご連絡いたします。

「別紙1」 R6体験入学案内(中学校宛文書)

「別紙2」 R6体験入学参加申込書

「別紙3」 R6体験入学駐車案内

 

1学年保護者の皆様「タブレット端末等の補助金交付申請について」

3月28日にタブレット端末等の補助金交付申請関係の書類を既に配布しておりますが、対象となるご家庭で、申請を希望される場合は、担任を通じて事務室担当へ期日内に必要な書類をご提出ください。

また、添付する証明書は「令和6年(令和5年分)」ですのでご注意ください。

提出期間:令和6年6月17日(月)~令和6年7月5日(金)

1_申請の進め方+記入例.pdf 

2_各種様式.pdf

中田浜強歩大会を予定通り実施します

本日の中田浜強歩大会を予定通り実施します。

気温の上昇が予想されますので、水分補給やタオル、帽子等の準備を忘れないでください。

また、事故等のないよう交通ルールを守り、会津大学短期大学部グラウンドまで集合してください。

送迎等ある場合には、渋滞等起こらないよう、指定された降車場所(リオンドール滝沢店駐車場)をご利用ください。

令和5年度卒業式の保護者駐車場について

 3月1日(金)の卒業式当日は、学校の敷地が手狭なため、敷地内への駐車は来賓の方に限らせていただきます。
 つきましては、保護者の方の駐車場について以下の貼付ファイルにある地図をご確認いただき、ご協力をお願いいたします。

 添付ファイル → 令和5年度卒業式駐車場案内.pdf

 なお、当日はできる限り公共の交通機関をご利用いただくか、乗り合わせなどにより節車にご協力いただくとともに、学校付近での駐停車は他の交通の妨げになりますのでご遠慮下さいますようお願いいたします。

 

只見線全国高校生サミットに2年連続出場

令和5年12月10日(日)、福島県立博物館の講堂において、

第2回只見線全国高校生サミットが開催されました。

このサミットは、只見線の利活用や沿線地域の課題解決に向けた企画案を高校生たちがプレゼンテーションするという大会です。

今回、本校からは、2年生の大村智哉くんと渡部泰蔵くんが出場しました。

福島県の鈴木正晃副知事やこの大会の審査員5名、そして多数の報道関係者がいる会場において、

これまで生徒を指導してきた遠藤俊太郎教諭や赤塚貴裕教諭が見守る中、自分たちが考えたアイディアを堂々とした態度でプレゼン発表を行いました。

結果は、第3位「特別賞」を受賞することができました。

また、昨年度、第1回大会で最優秀賞を獲得した、3年生の渡辺隼太朗くんも会場に駆けつけ、後輩たちの発表を応援してくれました。

その他の結果は、以下の通りです。

第1位「最優秀賞」 福島県立ふたば未来学園高等学校

第2位「優秀賞」  神奈川県の私立桐蔭学園高等学校・中等教育学校

 

 

 

秋季剣舞奉納 ~創設以来、初の女子参加~

9月24日(日)、剣舞委員会は飯盛山白虎隊士墓前広場で行われた戊辰戦争殉難者秋季祭典にて剣舞を奉納しました。

 

今回、5名の女子委員が剣舞創設以来はじめて春秋の墓前祭で剣舞を奉納しました。

 

14名の男子舞手に5名の女子が加わり晴天の秋空の下、吟に合わせて舞う姿は、新しい時代の到来を感じさせるものでした。

 

本校の剣舞は、明治17年(1884年)、白虎隊士の17回忌法要に際し、当時、私黌(しこう)日新館の教授だった佐原盛純(さわらもりずみ)先生が作詩、日新館の生徒によってはじめて墓前に奉納されたものです。

以来、日新館から会津中学、さらに会津高校へ伝承され、今年で創設139年になります

卒業生講演会を開催しました。

『 ◯◯◯なるな、★★になれ! 』

◯と★には、それぞれひらがな一文字が入ります。答えは、一番最後で。

 

9月22日(金)、午後の時間帯を利用し、本校南体育館にて、

 高校第57回卒、共学1期生OGの沖井 尊子さんによる全校生対象の講演会を実施しました。

沖井さんは、現在、サッポロビール株式会社 マーケティング本部 ビール&RTD事業部所属。

ヱビスビールブランドなども担当しています。

高校在学中、「家庭生活部」の前身となる「手芸・料理同好会」を立ち上げ、常に新しいことに挑戦。

大学生時代も、『やりたいことは全部やった』と言えるほど、勉強、遊び、バイト、サークル等、全方位集中!

興味のあることに飛び込んでいき、多くの尊敬できる仲間に出会えたそうです。

 

後輩たちへのメッセージ

★「成功」の反対は、「失敗」ではない。→ 何もしないこと!

 人生、致命傷になる失敗は滅多にない。紆余曲折、正解は後からついてくる。

★ないものは、創ればいい

 誰かに喜んでもらうために、みんな(仲間)で考えて、一つになって、ゼロから何かを創り上げる。

   それが、社会の一員になる(社会に貢献する)ということ。

★「適材適所」と「適所適材」

 今の自分の適性や能力から、どんな仕事や役割に自分が適しているかを考えるだけでなく、

   今どんな仕事や役割が必要とされているのかを先に考え、次に自分の力をそれにどう合わせるかも大切なこと。

★『丸くなるな、星になれ』

 これが、最初のクイズの答えになることばです。◯◯◯には「まるく」、★★には、「ほし」でした。

 さて、この表現は、沖井さんのオリジナルなことばではなく、サッポロビールの有名なキャッチコピーなのですが、

 沖井さんが、母校の後輩たちに、『角(かど)が立つことを怒れるな、尖った部分で自分の人生を切り拓け』

 と伝えているようにも感じました。

                      

        

 

令和5年度1年生タブレット端末等の補助金交付申請について

1年生保護者 様

 4月10日入学式時に、タブレット端末等の補助金交付申請に関する資料を既に配付しておりますが、まもなく提出期限となることから、補助金交付申請に該当する御家庭で、申請を希望される場合は、担任を通じて事務室担当者へ期限までに必要な書類をご提出ください。また、市役所等で発行する証明書等が必要になりますので、お早めにご準備ください。

【提出期限】7月14日(金)まで

 なお、申請の進め方に関する文書と各種書式を以下に掲載しますので、必要に応じてご活用下さい。

タブレット端末補助金申請の進め方と記載例.pdf

申請各種様式.pdf

 

「令和5年度体験入学」の開催について

令和5年度体験入学を以下の「別紙1」のとおり開催します。

つきましては、各中学校毎に「別紙2」の名簿を作成の上、指定の「送付先メールアドレス」までご提出ください。

なお、今年5月より、コロナ感染症が5類対応となったことから、体験入学当日の保護者・中学校関係者の校舎内への立入を可能としますので、「別紙3」の駐車場案内を確認の上、ご来校ください。(近隣の商業施設やコンビニ等への無断駐車はご遠慮ください。)

また、行事実施に関する変更点があった場合は、申込頂いた該当校に個別にご連絡いたします。

「別紙1」R5体験入学案内(中学校宛文書)

「別紙2」R5体験入学参加申込書

「別紙3」R5体験入学駐車案内

中田浜強歩大会について

会津高校伝統行事の一つである「中田浜強歩大会」が、明日(4月28日)、4年ぶりに通常の4月に開催します。今回は、会津短期大学のグランドをスタート地点とし、中田浜の「学而会館」までを往復します。数々の難所を突破し、およそ24kmを全校生が歩きます。

【保護者・生徒への連絡】

(1)中止の場合は、明日(4月28日)午前7時に、「ホームページ」と「39メール」でお知らせします。

(2)その場合は、金曜日の1~4校時の授業を行います。

 ※一人でも多くの生徒が、完歩して最高の思い出を作って欲しいと思います。

 

入学式(4月10日)に関するお知らせ

【確認事項】

(1)保護者の方は、一家族2名以内でご参加ください。

(2)基本的コロナ感染症対策は継続中です。以下の点の御協力をお願いします。

   ①当日、参加される方全員の検温を行ってください。

   ②オリエンテーション時に配布した「健康状態確認書」に記入し、ご提出ください。

    ※判断基準により、当日の参加をご遠慮いただくことがあります。

    ※ダウンロード版の用紙もこちらに添付しました。 ➜ 健康状態確認書.pdf

 

【変更点】

(1)入学式において、マスクの着用を求めないことを基本とします。

   ※個々の判断・事情に応じて、マスクの着脱を行ってください。

会津高等学校進路講演会を開催しました

 去る10月6日(木)会津風雅堂で、医学博士・武藤芳照先生を講師としてお招きし、「からだを育み、心を育む」と題して、進路講演会を開催しました。対象は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、来賓・生徒・教職員です。

 武藤先生は、現在、(一社)東京健康リハビリテーション総合研究所所長であり、東京大学名誉教授(元東京大学副学長・理事)です。

 本校では、毎年、進路講演会を開催していますが、今回の講演会は、本校に今年度から設置された医学コース開設を記念し、規模を大きくしての開催です。今後のコース制指導の充実に協力を賜るべく、福島県医師会様や会津若松医師会様、会津若松市市長様、会津若松市教育委員会教育長様にも御案内を差し上げました。

 講演は、スポーツの価値、外傷・障害を防ぐこと、会津や会津高校の歴史、心身の健康、人との出会いの大切さ、論理と知性を深め感性を磨くこと等、内容は広範囲にわたり、参加者は皆、先生の博識に驚かされました。講演が終了しても、生徒からの質問が次から次へと出され、よい雰囲気の中、降壇されました。

 さらに降壇後は、お疲れにもかかわらず、別室にて、1学年医学コース生徒と2・3年生の医学部希望者を対象に、特別に激励のお話も頂戴でき、生徒達にとって意義深い素晴らしい機会となりました。

 今後も、有識者の御協力を賜りながら、医学コース指導の充実に向けて取り組んでいきます。

                                                      

                                                

 

 

 

 

 

 

 

 

会津高等学校 進路講演会について

 

以下の予定で進路講演会を開催します。

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点より、当日は、来賓・生徒・教職員のみで行います。

<講師>(一社)東京健康リハビリテーション総合研究所所長

    東京大学名誉教授(元東京大学副学長・理事)

    医学博士

     武藤 芳照 先生

<演題>からだを育み、心を育む

<日時>令和4年10月6日(木)13時30分から15時10分まで

<場所>會津風雅堂

 なお、会場使用の条件等から、以下の感染防止策チェックリストを作成しました。1年間保存となります。 

 R4.10.6会津高校進路講演会感染防止策チェックリスト.pdf

 

自家用車での生徒の送迎について

 本校では、交通渋滞軽減・生徒事故防止・近隣にお住まいの方々への迷惑防止を目的に、自家用車での学校近辺までの生徒の保護者送迎をご遠慮いただいております。特に次の数例については社会的に見ても問題が大きく、一般の方々から警察等への通報があっても不思議ではない事例です。

    ① 商業施設等の駐車場での駐車・停車による商業業務への支障

    ② 狭い道路での駐車・停車

    ③ 待ち合わせによる同じ場所での長時間の駐車・停車

 つきましては、生徒自身による通学を基本とし、保護者等の送迎を避けるよう、ご理解とご協力をお願いします。

 なお、けが等のやむを得ない事情がある場合は、校地内への送迎を担任と相談してください。

福島県立会津高等学校創立百三十周年記念事業実行委員会の解散について(報告)

 標記のとおり、本実行委員会は、令和4年3月16日(水)に開催された第7回総会において、事業報告・会計報告・同監査報告・その他についてを確認したのち、その役目を終え、無事解散いたしました。新型コロナウイルス感染症対応の影響もあり、数年に及ぶ活動となりましたが、皆様のご協力を得ながら、ほぼ予定どおりの事業を行うことができました。寄附をお寄せいただいた方々をはじめ、多方面からご理解とご協力をいただきましたことに感謝申し上げます。

 なお総会の概要は以下のとおりです。

  1 記念事業について

     ①学而ホール改修

       落成式 令和3年9月11日(土)

     ②記念式典  中止

     ③記念講演会

       日 時:令和3年12月8日(水)14;10~15:50 會津風雅堂

       講 師:三菱総合研究所理事長・プラチナ構想ネットワーク会長

           東京大学第28代総長

            小宮山 宏 氏

       演 題:21世紀を担う皆さんへ ~会津発プラチナ社会をめざそう~

       参加者:生徒・教職員・実行委員(一部)

     ④記念祝賀会  中止

     ⑤記念誌    2600冊作成

     ⑥記念品    1400個作成

     ⑦生徒教育活動に対する支援金確保  残金の取扱方法について(後述)

     ⑧記念行事  学而祭    

        日 時:令和3年9月15日(水)

        参加者:生徒のみ(一般公開なし。保護者への公開もなし)

  2 各種会計

     ①控除寄附金事業会計  決算報告と監査報告 残金なし

     ②一般事業会計     決算報告と監査報告 残金あり

     ③祝賀会会計      決算報告と監査報告 残金なし

  3 一般事業会計残金の取扱方法

     実行委員会構成3団体の中から同窓会が管理し、生徒教育活動に関する備品購入等に

    充てる。

  4 記念誌残部と記念品残部の取扱方法

     配付先と配付理由および残数等について、教頭管理のもと無償配付する。

  5 反省の取りまとめ方

     反省点について広く意見をいただき、次回(百四十周年)に活かすべく、次に示す学校

    代表アドレスに投稿してもらい、意見を取りまとめておく。  aizu-h@fcs.ed.jp

  6 その他

     寄附者のご芳名の学校HPへの掲載は見合わせる。

 総会概要については以上

※事務局より

  1 総会概要6のとおり、寄附金募集の際に、ご寄附をいただいた方々のご芳名を学校HP等に

   掲載させていただく予定でしたが、個人情報保護の観点から、これを行わないこととしました。

  2 記念誌編集委員について、記念誌奥付の教職員氏名欄に、須藤 毅氏および阿部 誠氏の氏

   名が掲載されておりませんでした。すでにすべての発送作業終了後のご指摘だったため、残部

   については速やかにシールにて訂正し、ご本人の了承は得たところです。

    申し訳ございませんでした。

 

報告は以上になります。重ねて御礼申し上げます。